猫のフードの豆知識

猫のフードについて学ぶ

カテゴリー: 未分類

保存料と記載されているキャットフードについて

私たちが食べるものには賞味期限が記載されています。同様に猫のエサにも賞味期限が必ず記載されています。その為、チェックしている方も多いかと思いますが、重視したいポイントとしては不自然なほど長い賞味期限のキャットフードです。2年以上も保管できるようなエサには不信感を抱く方も多いでしょう。

そういったキャットフードはどのようにして賞味期限を長くしているのかというと、化学合成された酸化防止剤などを使用しています。人が口にするものでさえも保存料が使われていることはめずらしくはありません。ですのでペット用のエサに使われていたとしても当然と思われるかもしれませんが、あまりにも使われていると人間の体とはまた違うため、不安に思う方も多いのではないでしょうか。

また、保存料と言っても使われている種類によっても異なりますが、例えばエトキシキンと呼ばれる保存料は防腐力は高いですが、人間が食べる食品にも使うことができないほど毒性が高いと言われています。その為、保存料が含まれている場合にはその種類についても確認するといいでしょう。

このように、愛猫が健康的に生きていくためにはエサ選びが大切なのです。世の中には猫のことを考えて作られているキャットフードも増えてきているので、なるべく購入の際には専門店などを利用するといいでしょう。

着色料と記載されているキャットフードについて

キャットフード多くには赤茶色や緑などの色をしたものが多く存在していますが、着色料と言っても色々存在しており、中には不自然な色をしているキャットフードも存在しています。では、不自然な色をしているキャットフードにはどんなものが含まれているのでしょうか。

不自然な赤色や緑色といったキャットフードは比較的安価に購入することができるので、購入しようとしている人が多いですが、安価な商品には人工着色料が使われていることが多いと言われています。この人工着色料は実際に実験もされており、発がん性があることも証言されています。長く摂取し続けると健康的に悪影響を及ぼす恐れもあるので、長生きさせたいと思っているなら着色料についても考えた方がいいでしょう。

人間の目には赤い食べ物などを見ると美味しいと直感的に感じることがあると言われています。その為キャットフードにも赤色などの着色がされることが多いですが、これは猫の目線を全く考えず、購買意欲を高めるために着色されていることが多いと言われています。安全性の高いキャットフード与えたいと思っているなら着色料の記載がされていないものを検討するといいでしょう。もし、キャットフードを購入する時に色で惑わされないようにするためには原材料などを確認して着色料という文字がないか確認しましょう。

原材料にミートが使われている場合

先ほどは原材料に穀物が使われている猫のフードについて説明をしましたが、ここではミートと記載されている猫のフードについて説明をします。

猫は肉食動物なので、必要な栄養素としてはたんぱく質が上げられます。特に子猫の場合は高たんぱく、高カロリーの食事が大切になります。その為、穀物などは毎日の食事として向いていないと言われています。では、ミートと記載されているものなら問題ないのでしょうか。例えばキャットフードの原料には肉や魚を中心に使っているものが存在していますが、この肉や魚にも色々な種類があります。

例えば原料を見るとミートミールや家禽ミールなどあまり聞き慣れない言葉が記載されていることがありますが、これらは皮や神経、血管、毛、内臓、角など人間が口にしない部分を使っていることを言います。これらは捨てるだけなので肉や魚と言っても安価に仕入れることができます。その為、業者によってはこれらの原料を使用して作られているキャットフードもあります。

肉や魚と言っても使われている材料は異なります。こういった原料の食べ物を愛猫に与えたくないと思う方も多いでしょう。与えないためには原材料についてしっかりと把握しておくことが大切です。

猫のフードの選び方について

猫がいる生活では必ずやらなければいけないことがあります。それはエサやりです。猫は小さい頃から飼い主がくれるキャットフードを食べることで成長していきます。その為、猫が健康的に生活できるかどうかは飼い主のエサの選び方にかかっています。美味しいのはもちろんですが、健康面を考えれば、安全性が高いほうがいいと思う方が多いのではないでしょうか。ここでは基本的なキャットフードの選び方についてを紹介します。

まずキャットフードを選ぶときに飼い主の中にはとにかく安いものを買いたいと考える人も多いと言われています。確かに毎日食べ続けることになるので、毎月のようにキャットフード代が発生します。その為、安くていいと思う方もいるかもしれませんが、ディスカウントショップなどで購入できる安いキャットフードはどんな材料が使われているのか説明します。見ておきたいポイントは原材料です。まず一般的にコストを抑えるために安価に売られているキャットフードの多くは穀物が使用されています。穀物を使うことで食物繊維を補うことができますが、メインで穀物を使っているエサはあまりよくないと言われています。何故なら猫は穀物を消化する力が弱いからです。多く摂りすぎると消化器官に悪影響を及ぼす恐れもあるため、原材料については確認することが大切です。

ここでは穀物が原料として使われているキャットフードについて話しましたが、他にも猫のエサには色々な原料が使われているので、このサイトでは猫のペットフードについて詳しく説明します。